ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く飼い主を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけさっ(涙)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わんことの約束
ペキブログでいつもトップランキングにいた皆のアイドル「ごまちゃん」が、この19日に天寿をまっとう、天使になっちゃいました。

私もファンのひとりで、いつもごまちゃんの日常を楽しく拝見しておりました。

ペキで16歳越えというのは珍しくご長寿なので、思わず「頑張れ~」っと声をかけながら見ていました。

それが突然の訃報。

絶句、そして涙。

飼い主のkazaさんの気丈な文面の裏に見え隠れする哀しさが痛いほど伝わってきて、涙が止まりませんでした。

実際お会いしたことも無いのに、ごまちゃんの死はとても人事ではないほどのショックでした。

悲しくて寂しくて、人のわんこなのにどうしてこんなに涙が止まらないのでしょう。

長生きしてくれた分、長く一緒に居た分、お別れは更に辛いこと、よ~く分かります。

一晩涙が止まらずに、思いっきり腫れた目での出勤となってしまいました。恥ずかしい...

もともと泣き虫なんですが、歳をとって更に涙腺が緩んでしまっていて、思い出すたびにまだ涙が...


私はこれまで3ペキを見送ってきたのですが、当然それぞれお別れのたびに辛い思いをしてきました。

いわゆるペットロスにならなかったのは、誰かがなくなった時に別わんこがいたからです。

ファーストペキのミミちゃんが帝王切開手術の失敗で亡くなった時は息子のアディがいて、

アディのお嫁さんにきたルナちゃんが12歳ちょっとで突然死した時は、ボケてはいたけどアディがいて、

15歳8ヶ月でアディが老衰で死んだ時には6ヶ月のKENがいたのです。

いつも残ったペキたんが悲しみを紛らわせ、癒してくれたので、ひどく長く塞ぎこむ事が無かったのだと思います。

でも今はKENだけ。

もしKENが居なくなってしまったら?

考えただけで涙が出ます。

歳も歳だけに、KENだってそう遠くない未来に居なくなってしまうのは分かっているのですが、

今はその覚悟がありません。

kazaさんのいう「約束」も、できそうにありません。

KENのいない生活なんて考えられません。

だったら次のペキ? それも考えられません。

今はただいつも通りの、KENが側にいる普通の毎日に感謝したいと思います。

ダメな飼い主でごめんよ、KEN

KENが元気で長生きしてくれたら、その間に私ももうちょっと成長するからね。

今はそれが約束、ね。


   ady1.jpg
1999.12.23. アディとKEN最後の2ショット この2ヵ月後にアディ永眠


長生きしてね、KENに願掛けポチお願いします→にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
スポンサーサイト
おねだり
夜中まで仕事をしてるとなにやら視線を感じる。
   ken210.jpg

知らん顔してると角度を変えて熱視線アピール。
     ken211.jpg


早く気付けよ、「プフっ」とふくれっ面。
       ken212.jpg


さらに知らん顔を続けてると膝に手をかけて「猛アピール」
   ken213.jpg


小腹がすいたから「何かくれ」との要求ポーズ。

短い手を必死に伸ばして可愛い~の~

だからついつい見たくなる飼い主(^o^)

(これ以上放っておくと、可愛くない声で「ワン!」と吼えられます 結構短気なKEN

目的を達成したら、
      ken214.jpg


もう爆睡中
   ken215.jpg


羨ましいほどのゴーイングMy wayペキニーズでございます...

おねだり上手なKENにポチっとね→にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

人気のキャスキッドソン本
女の子に人気のキャス・キッドソン。

イギリスからやってきたクラシカルな柄のファブリックを用いた雑貨やインテリア用品で人気のブランド。
日本ではユナイテドアロー社が独占輸入・販売していて、特に花柄などのバッグが人気。

昔ローラ・アシュレイ、今キャス・キッドソン、って感じですか。

そのキャス・キッドソンのプロダクトの作り方を紹介した本が出ました。

手作りの楽しみを知るのに良い一冊でしょう。

表紙のバッグが作れるキッド付き。

そのほか、型紙つきでオーブンミット、ナプキンやクッション、エプロンなど 40種ほどの生活雑貨や、ファッション雑貨などの作り方を 紹介してあります。

何でもすぐに買える世の中ですが、苦労して作る手作りの良さを思い出してみませんか?

   


  興味が持てる本だったらポチッとね→にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。