ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く飼い主を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけさっ(涙)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱水症状の危機!?
新年早々(?でもないか^^;)、とんでもないことをやってしまいました。

アホ過ぎて、我ながら呆れてます。


今日は地元の神社でのとんど祭。

注連縄を持って行って焼いてもらわねばと、出勤前に神社に寄る為にいつもより15分早めに家を出たのです。

朝が苦手な飼い主が早めに起きているというのに、KENは高鼾で熟睡中。

寝ているKENを抱きかかえて階下の台所に連れて降ろす。

まずKENのお顔を拭いて、目に薬を入れて、ホットミルクを飲ませて、用を足させて、巻きガム1個を食べさせている間に出掛ける準備。

出掛ける前には巻きガムを食べ終わって、ベッドでまた眠りに落ちているKEN

最近はお留守番の諦めがついたせいか、「行ってくるからね、良い子でお留守番しててね」と頭を撫でて部屋を出る時もベッドで寝たまま、後を追うことも無くなったお利巧さんのKEN

袋に入れた注連縄を引っつかんで、神社へダッシュ。

袋から出して、みかんをはずして置いて行け、との指図どおりに注連縄を置いてから駅までダッシュ。

いつも通りの電車に乗れて一安心。

やれやれ、母が居ないと朝が忙しいったら。

電車に揺られて少しウトウト。




私、KENのお水置いてきたっけ?

ミルクをあげてから、器を洗って、お水を置いたっけ??

えー? 覚えてない!

どーしよう、お水、置いてなかったら。

えーーっと、水飲み台にゴミが載ってて、それを取ってゴミ箱に捨てたことまでは覚えてるけど、
その後お水のはいった器を置いたかどうかが記憶に無い。

置いたよね、置いたはずだよね。

自分のいつもの習慣を信じたいけど、確信が持てない。

もし置き忘れていたら、この後9時間以上KENはお水を飲むことができない。

流し台に背伸びしながらワンワンとお水の催促をするKENの姿が目に浮かぶ。

ハァハァ言いながらベッドでグッタリするKEN

どんどん良からぬ妄想が広がって、不安で一杯に。

寒いからそうそうお水は飲まないけど、無いとヤバイよね。

朝ミルクを飲んだだけで、お水を飲んでないから絶対飲みたくなるよね。

9時間以上もお水無しなんて、下手したら脱水症状起こしちゃうよね。

あ~~~~どーしよう。

家に引き返そうかと思ったけれど、お客さんとの約束がはいっているので、そのまま出勤。

取り合えず3時間仕事を済ませて、昼休憩と外出許可をもらって家に帰ることに。

家を出てから4時間以上が経過している。

どうかKENに何も起こってませんように。

祈るような気持ちで駅からの坂を駆け上がって帰宅。

KENは帰ってきた私に気付きもせずに熟睡中。

で、台所の水飲み台を見たら、置いてあるじゃないですか、水のはいった器が。

力抜けました

良かった、偉い、私。

ちゃんと置いて行ってたんだ。

いきなり想定外の時間に帰宅した私にKENは不思議顔。

何しに帰ってきたの?って顔で見られました。

   ken300.jpg


トイレのを処理して、お尻を拭き拭きして、ホットミルクを少しだけあげて、在宅4分でまたすぐ家を出て帰社。

今日は早く帰ってきてくれた、とKENをぬか喜びさせてしまった為、鍵を閉めてるとワンワン鳴く声が聞こえてました。

ゴメンヨ~、寝てる子泣かすようなアホなことして。

私用外出1時間分が給料から差し引かれるけど、自業自得よね。

でも良かった。

お水は忘れてなかったし、お利巧さんでお留守番してるKENの様子が見れて。

母の退院まであと1週間。

もう少し頑張ろうね。


留守番に慣れてきたKENにポチっとねにほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

寂しいけどガンバル
あけましておめでとうございます。

初めて家族の欠けた新年を迎えました。

昨年12月下旬から母が入院してしまった為、私が昼間会社に行っている間KENはひとりで9時間以上のお留守番の毎日です。

クリスマス前にシャンプーに行ってきれいにしてもらった時は6Kg越えでしたが、1日1食&おやつになったので少し軽くなったみたい。
     ken298.jpg


31日からようやく正月休みで、KENのお留守番時間は私が母のお見舞いに行く3時間程度となりました。

ひとりでのお留番がこんなに長く続くことは初めてなので、母も私もKENのメンタル面が心配だったのですが、慣れてきたせいか、出掛けるときに後を追うことも無く、又行くの?ってな感じで諦めモードです。
    ken299.jpg


私が帰宅しても大喜びとは程遠く、すぐに玄関に出て行って母を待っている後姿が不憫です。

母もKENのことが気がかりで、お見舞いに行ってもKENの話ばかり。

なので、KENの写真を使ってティッシュカバーを作ってもらって母にあげました。
      tisuecover.jpg


喜んで枕元に置いてます。

看護婦さんや同室の患者さんに「可愛いワンちゃん」と褒められたと親バカ全開でした

あと1ヶ月ほど寂しいお留守番が続きますが、ガンッバっておくれ。

留守番をガンバルKENにポチっとねにほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。