FC2ブログ
ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く私を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけだったのにぃ(涙)
手遅れか...?
何がハッピーマンデーだ

体育の日は10月10日のままで良かったじゃないか!

大体日本は祝日が多すぎるんだよ!(←日、祝休み無しの職業の飼い主の怒り)

KENを一刻も早く病院に連れて行きたいのに、月曜も祝日で休みだなんて。

あと1日だから、と思っていたけど、月曜の夕方から病状が急変。

前脚に力が入らず、立って歩こうとすると前足が内側に折れ曲がって頭からこけてしまう状態になってしまった。

え~っ!!!

頚椎ヘルニアの症状がモロ出始めて、もうどうして良いんだか。

どうしよう、どうしよう、とオロオロするばかり。

KENはワンともキャンとも言わず、ただ苦しそうに静かにハァハァとするだけ。

水を飲みにシンクの所にやって来ようとベットを出ては転んでしまう。

慌ててベットに座わらせて口元に水を持って言ってやる。

おしっこしたくてヨタヨタとトイレの方に向かっては転び、手を添えてトイレに連れて行ってやるが、もう自分の脚では立てなくなっている。

このまま垂れ流しても良いのに。

普段から見てるとしない子なので、尿意も止まってしまったようで、トイレにへたったまま。

今朝病院に連れて行けていたら、こんな酷くはなってなかったのに。

連休に引っかかって1日遅れたことが、とんでもない事態になったらどうしよう。

今はベッドに入れてできるだけ楽な姿勢で寝かしつけるしかない、と部屋を暗くして頭を撫でながら「頑張れよー」、「ごめんね~」と声を掛けながら夜を明かした。

暫くしてズーズーといびきをかきながら寝入ってくれた。

どれだけ朝が来るのが長かったことか。

朝8時、9時から始まる朝一の診察を受けようと用意をしていたら、KENがベッドから這い出して這ったままトイレシーツの上に大量のおしっこをしてくれた。

昨夜の9時くらいからずっとしてなかったので、ちょっとホッとした。

でも朝一のミルクも口元に持っていっても飲まなかったし、何も口にしようとしない。

兎に角病院へGO。

もう信号の待ち時間すらもどかしい。

横でしんどそうにハァハァ言うKENが可哀想で、この1日の遅れを後悔しては胃がムカムカする。

9時より早目に着いたけど、さすが連休明けで先客が2人ほどいた。

待合室で待たされたのはほんの5分ほどだったろうが、まだかまだかとイライラしていた。

いつもの担当の先生に症状を詳しく説明して、診察を受ける。

もう診察台には自力で立てないのに、嫌がって立とうと試みるKEN

まだ後脚の力は入るようだが、前脚は手先がくたっとなって力の入らない状態。

一番初めに頚椎ヘルニアと診断された時と同じく、右手前脚の麻痺が激しい。

後足から順番に肉球をはさみでつかんで反応を見ていく。

後足は痛みをすぐに感じるように反応するが、前足はかなり力を入れないと感じないみたい。

でもまだ痛覚はあるように反応したので少し安心。(これで反応が全く無ければ手遅れってこと)

痛み止めの注射を打ってもらって、今日は安静にさせて様子を見ましょうとのこと。

これで元気にならない、食欲が戻らない、様子が変ならすぐに連絡してくださいと言われた。

症状がましになるようであれば、また明日の朝に診せてください、と言われて帰宅。

あぁ、神様、これで良くなりますように。

まだへったったままのKENを横目に、治って、と祈るしかない。

家についてすぐに水を飲ませて寝かせておく。

まだ前脚は立たない。

     ken199.jpg


前の時は家に着いた頃には注射が効いて立てていたのに!

どうしよう、手遅れだったら。

どうしよう、治らなかったら。

もう良からぬことばかり考えてしまって泣きそうだ。

ベッドに寝かしつけて、私も側で横になる。

暫くしてズーズーといつもの鼾が聞こえ出して、私も一緒に寝てしまった。

私が起きてもKENはまだ寝ていたのでそのままにしておいた。

2時過ぎだろうか、KENがベッドからフラフラっと起き出した。

歩いている!

まだ少しふらついているが、前脚はちゃんと立っている。

で座って後ろ足で顎を掻き始めた。いつものように。

良かった~。注射が効いてくれたんだ~。

嬉しい!何よりホッとした~。

KENも嬉しいのか、顔をベッドや床に擦り付けていつものご機嫌の仕草。

いや、まだ首に負担がかかるからそれは止めて~、て言っても聞かないいつものKEN

夕方には食欲が出てきてご飯の催促。

でもまだ寝転んだまま食べる。

   ken201.jpg

     ken200.jpg


まだツライのか?

と思ったら立って食べだした。

     ken202.jpg


いや~、良かった。

また明日の(今日か)朝一で病院に連れて行ってきます。

投薬治療で治れば良いのですが。

まだ後ろ足がふらついているので心配なのではあります...

ヘルニアと闘うKENにポチっとね→にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
KENちゃん、どうなっちゃったの~?

読みながらドキドキしてしまいました。

でも注射の効果があった様で本当に
良かったです。

コラージョンもヘルニアの時、もし急に
ひどい症状が出たら24時間以内に手術しなければ
半身不随と言われ泣きながら病院から帰ったのを
思い出しました。

ヘルニア・・怖い病気ですよね。

KENちゃんの事とっても心配です。
どうぞお大事にしてあげて下さい。

そしてodessaさんもご無理なさいません様に。
2009/10/14 (水) 07:08:28 | URL | Pママ #-[ 編集]
一刻を争う緊急時って、早く開院しないかとか、車の走行がドキドキするくらい
気になるものですよね。
経験ありますから、よ~くわかります。
でも、注射のおかげで治まって私もホッ!としました。
物言わぬワンだからよけいに神経使うし、可哀そうです。
KENちゃん、頑張ってね。
2009/10/14 (水) 15:51:40 | URL | ゆずなべ #L1x6umnE[ 編集]
Pママさんへ
ご心配お掛けしました~。

もうヤマは超えたので大丈夫そうです。私も家族もホントにホッとしました。

まったく、怖いですね、ヘルニア。
KENも普段別に走り回るわけでもなく、段差も無い家なのに、どうしてふいに再発するのかが分かりません(涙)

コラージョンくんも大変な状況を切り抜けてきてるんですね。かわいそうに。
にっくきヘルニアめ!
お互い普段の様子の変化に気を付けて、即病院に連れて行くしかないみたいですね。
2009/10/15 (木) 00:29:55 | URL | odessa #-[ 編集]
ゆずなべさんへ
ご心配頂いて有難うございました。

KENも頑張ってくれて、おかげで症状治まりました。
手遅れだったらどうしようかと思ったので、ホントにホッとしました。

病院通いはブルーですよね~。i-195
2009/10/15 (木) 00:52:05 | URL | odessa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ