ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く飼い主を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけさっ(涙)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ハリー・ポッター」英語で読んでみる?
映画でも第4弾「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」も大ヒットのようで、まだまだハリポタ人気健在ですね。

私は話題になった第1弾映画「ハリー・ポッターと賢者の石」を見に行ってから原作を読みました。

イギリス版のペーパーバック
"Harry Potter and The Sorcerer's Stone"
by J.K. Rowling



翻訳本「ハリー・ポッターと賢者の石」
「え?これって児童書じゃなかったっけ?」

イギリス英語と作者の独特の言い回しで、最初はちょっと読みにくかったけど、映画で大体の流れがわかっているのでざっと最後まで読み通せました。細かいところは翻訳本を買ってチェック。

翻訳本を持っている方が多いと思いますので、英語で何て言ってるのかな?と気になる部分をつまみ読みしても楽しめると思います。

意地悪なダーズリー家で、ハリーはよく「物置」に閉じ込められますが、これを原作本では「cupboard」と言っています。

カップボードなんて「食器棚」ってイメージしかないけど、バーノンおじさんがハリーに

"Go - cupboard - stay - no meals,"(行け - 物置 - 出るな - 食事抜き)なんて言ってます。

変な感じ、って辞書調べたらcupboard under the stairsで「階段下の押入れ」だそうです。

とにかく「狭い」イメージですね。

あと、マクゴナガル校長の手書き(風)サインが見れるし、フォントを変えて雰囲気を出しているところは翻訳本通り、と比べてみるのも面白い。

原作本に挑戦する方にこんな本も出ています。

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本


洋書のお得なセットはこちら

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
クリスマススペシャル第5弾!今日「ハリーポッターと炎のゴブレット」見てきました。ハリーたちがそろそろ「お年頃」になってきました。いろいろ衝突もあります。そういったところが見どころかな?本筋の方も佳境に入ってきて次回作くらいで「あの方」と対決か?って...
2005/12/24(土) 23:43:48 | Yupaのお勧め -アフィリエイト実験サイト-
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。