FC2ブログ
ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く私を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけだったのにぃ(涙)
タローちゃんがいっちゃったぁ
ショック過ぎです。

朝からこたえます...

タロー今日も元気!大好き♪」のタローちゃん、天寿を全うして天使になっちゃいました。

私もタローちゃんとねえママさんのファンのひとりで、いつも詳しくつづってくれるお二人の日常を楽しく拝見しておりました。

16歳越えても毎日お散歩やお出掛けを楽しむタローちゃんの姿は、昨日までフツーに元気そうだったのに...。

それが突然の訃報。

いつも夜中にもペキブログをチェックして寝るのが日課の私、「永眠しました」の文字にえーーーーっ!!!!と叫んでしまいました。朝3時過ぎに空しくこだま...

涙が止まりませんでした。

ここ数年、毎日のようにブログで応援していたタローちゃんとねえママさん。

実際お会いしたことは無いけど、よーく知ってる(気になっている)タローちゃんの死は、とても受け入れられないないほどのショックでした。

悲しくて寂しくて、でもまだ信じられなくて、人のわんこなのに、もう、どうしてこんなに涙が止まらないのでしょう...。

ペキちゃんにすれば長生きさんのほうだけど、まだまだ元気そうだっただけに、あまりに急なお別れに、他人の私ですら気持ちの整理がつかず、涙しか出ない状態。

ねえママさんの心中いかばかりか....。

どんな慰めもできはしません。

でもこれだけは言えます。

タローちゃんファンの皆さんも思われていると思いますが、タローちゃんはねえママさんと家族になって、とっても幸せだったよ。

欲を言えばもっと長く一緒に居たかったのだろうけど、ちょっとお疲れが早く出ちゃったんだよね。

もう夜泣きでねえママさんを寝不足にしちゃうことに。

可愛いタローちゃん、笑顔でず~っとねえママさんのこと見守っていてね。

私たちもず~っと忘れないからね。


いかん、涙が止まらん,,,(今会社だぞ、私)

KENもこんな風にあっけなく急に逝ってしまうんだろうか...

いよいよそう遠くない未来には、KENとのお別れが待っているかと思うと、また泣けてくる。

居て当たり前のKENが居なくなっちゃうんだ....

・・・・・(放心状態)


できるだけ悔いのないよう、KENとの1日1日を大事にしないとね...

ken617.jpg

もう少し一緒に居てね、KENに願掛けポチお願いします→にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
タロちゃんのことを応援して下さって、ありがとうございました。

タロちゃんが虹の橋を渡る翌日には、お休みを取ってお出かけするつもりでいました。
その位、突然のことでした。

今まで病院で健康診断を行ってきたのは何の為だったんだろうと思う位です。
とは言っても、心電図・レントゲン・エコーなどはタローちゃんにストレスがかかるので拒否していたのはいけなかったのかもしれませんが、血液検査・聴診・尿便検査は毎回良好でした。

そんな中での突然のお別れでしたので、
その日のこと、そして、タローちゃんへの気持ちを、まだまとめられていません。



寝たきりになって、ご飯も下のお世話もされることより、タロちゃんは自分のプライドを選んだのかもしれない、とか、色々考えます。

分かりませんけど・・・

本当に、何があるか分からない老犬生活、毎日沢山KENちゃんを愛してあげてください。充分愛されているとは思いますが、悔いのないように、タロちゃんの分も・・・
2014/06/02 (月) 15:46:13 | URL | れいこ #-[ 編集]
れいこさんへ
タローちゃんのこと、改めてお悔やみ申し上げます。

(勝手に)書かせて頂いたとおり、タローちゃんの訃報は本当にあまりに突然すぎて、ショックでした。
凄く悲しいです。
ついこの間、健康診断で異常無しだって書かれていたのにね...

お辛いなか、立派なお別れの儀式、たくさんのお友達に見送られたタローちゃんのことを綴って頂きありがとうございます。

PCの前で溢れる涙を抑えられない様子をお察し致します。

お花に囲まれた可愛いタローちゃんのお顔、本当に寝ているようにしか見えないのに....
「でも起きないんだよね」 前の子の時のことも思い出して号泣してしまいました。

最後のお散歩なんて、前の子を亡くした時に私には思いつきもしませんでした。
焼かれてしまう直前まで、遺体にすがりついてただただ泣くばかりのダメ飼い主。
葬儀などは家の者が粛々と決めてくれて、私は泣きながらの運転手しかできませんでした。

れいこさんのタローちゃんへの深い愛情に、感動すら覚えています。
それ故に悲しみも深いことでしょう。
まだまだお辛いかと思いますが、時間をかけてゆっくり、タローちゃんとの素敵な思い出とブレンドしながら悲しみを薄めていって下さい。

タローちゃん、きっとれいこさんのことを笑顔でずっと見守ってくれていますよ。

私もKENが1日でも元気で一緒にいられるよう、ますます気を付けていきたいと思います。

2014/06/03 (火) 05:10:55 | URL | odessa #HGVGnVH.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ