FC2ブログ
ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く私を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけだったのにぃ(涙)
日本についてのガイド本
フランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行しているレストランの格付けガイドブック東京版が先日発売されて話題となっていますね。

MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

価格:¥ 2,310 (Book)

>>もっと詳しく見る
 
 


ご当地フランスでは「今時ミシュランなんて」と、結構冷ややかに見る人が多いのですが、その理由は「高い店」が多いので庶民には「関係ねー」ってこと、選ぶ基準が「古過ぎ(保守的過ぎ)」ってことがあるそうです。

確かに東京で3つ星が付いた店ってどれも「お高い」ですよね。
そりゃ素材にお金かけてれば美味しいのは当たり前でしょ?ってところですか。

ま、物珍しさもあって、フランスの書店でも「ミシュラン東京版」が本家フランス版より売れている様です。

さて、ガイドブックついでにお勧め本を1冊。

私たちが海外旅行に行く際、その国についてのガイドブックを買って前もってどんな所か、どんな観光地があるのか、どんなショップがあるのか調べますよね?

日本に来る外国人も同じで、日本はどんなところなのか、京都にはどんなお寺があるのか、どんな日本料理があるのか、など下調べをしてくるものです。

海外でかなりの種類の日本紹介本が出ているのをご存知でしょうか?

日本に観光に来る外国人はどんなガイドブックを読んでいるのでしょう? 

日本文化については、いまだに結構間違った伝えられ方をする本が多い中、下記のガイドブックは日本の観光地は勿論、日本文化の紹介についてもかなり詳しく載っているお手軽な1冊です。

外国人にはどんな風に説明してるんだろう?って興味本位に読む分にも面白いと思います。

日本人でも、知っているようで知らない「日本について」、新たな発見があるかも知れませんよ。

Dk Eyewitness Travel Guides Japan (Dk Eyewitness Travel Guides Japan)
Inc. Dorling Kindersley
価格:¥ 2,728 (Book)

>>もっと詳しく見る
 
 

  興味が持てる本だったらポチッとね→にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

テーマ:**おすすめbook!!** - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ