FC2ブログ
ペキニーズと本が好きーっ
10数年洋書の輸入・販売をしてきた管理人が、独断と偏見でお薦めの洋書をご紹介します。 昼も夜も働く私を癒してくれるのはペキニーズのKENちゃんだけだったのにぃ(涙)
戦争の悲惨さを改めて
8月15日は63回目の終戦の日。

人類の歴史は戦争の歴史と言われるくらい、愚かな人類は戦争の悲劇を繰り返しています。

その目的にどんな大義名分があろうとも、戦争に巻き込まれた人々の悲劇と残された惨禍のことを考えれば決して許されるものではありません。

なのに、未だに世界のどこかで戦争は起きているのです。

日本はかの戦争に敗れて以来、反戦・和平の道を守り通してきていますが、その反面「平和ボケ」で戦争で受けた被害や、戦争をしないという意味をも忘れてしまっている人が多いように思います。

広島や長崎に落された原子爆弾の後の惨禍すら、語る人が少なくなって「昔のこと」になりつつあります。

日本への原爆投下の是非を問うと、ほとんどのアメリカ人が「戦争を終わらせる為に仕方が無かった」と言います。

果たしてそうでしょうか? 

原爆投下の事実についてはこちら↓も是非読んでください。
「原爆投下の理由」

「原爆投下が米兵百万人を救う - アメリカの大ウソ」

多くの一般市民の命を奪った原爆投下、結果その後の悲惨な状況をどれほどのアメリカ人が知っているでしょうか?

日本のアニメや漫画が世界で人気になっているのであれば、是非この漫画を読んでもらいたいものだと思います。
Barefoot Gen vol.1: A Cartoon Story of Hiroshima (Barefoot Gen)
Keiji Nakazawa *全3巻です

>>もっと詳しく見る
 
 


日本語版原作の「はだしのゲン」という漫画は、唯一学校の図書館に置いてあるコミックだと聞きます。
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
中沢 啓治

>>もっと詳しく見る
 
 

作者中沢啓治氏が広島で体験した事実が元となった作品で、かなりリアルな描写なので、嫌悪感を覚える方もいるかも知れませんが、当時の人々はそれを実際目の当たりに経験してきたのです。

今でこそPTSDなどの心のケアに気を配りますが、当時の人は身体的な傷以上にどれ程の心の傷を負ったことでしょう。

唯一の被爆国の国民として、先人が経験した悲劇に目をそむけずに、事実を知っておくべきです。

そして絶対にこのような悲劇を決して繰り返してはならないと言うことを心に刻むべきです。

できれば核保有国すべての国民に読んでもらいたい名作だと思います。

  興味が持てる本だったらポチッとね→にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
広島では、8・6の朝8時前と8・9の11時前になるとすべてのTVが慰霊祭の特番に切り替わります。でも、これって全国的にはしてないんだよね?毎年それが、不思議で堪りません。世界で唯一の被爆国なのに・・・

2008/08/16 (土) 21:36:41 | URL | ゆず姉 #KxwGyqDc[ 編集]
広島と長崎だけでなく、日本国全体で慰霊すべき被爆の日なのに、全国的には終戦の日に集約されてしまっていますね。
広島の慰霊祭の様子など、ニュースで数秒流されるだけになってますし...
戦争をタブー視するあまり、日本人として忘れてはいけない日だと言う事すら憚られているのでしょうか。犠牲になられた一般市民が浮かばれませんね。
2008/08/17 (日) 01:00:01 | URL | odessa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
copyright © 2005 ペキニーズと本が好きーっ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:ペキニーズ